ディフェンダー110は電気自動車の夢を見るか?

オランダの政府系自然保護機関Staatsbosbeheerが電気自動車のディフェンダーを使用している。さすがオランダ、いつもなにかと進歩的というかセンスある。しかもランドローバー協賛、電気自動車のディフェンダーはランドローバー社内で設計されているらしい。

YouTubeにStaatsbosbeheerの動画があった。

Land Rover Electric Defender in the Dutch dunes

ノーマルディフェンダーを電気自動車化する方法も存在していた。ELECTRIC CLASSIC CARSというサービスでテスラモーターズのバッテリーユニットに載せ替えるらしい。ディフェンダーの電気自動車化の費用はおよそ75000ポンド。フル充電で180マイル、約290キロ走れるらしい。

ディフェンダー110は電気自動車の夢を見るか?ディフェンダー110は電気自動車の夢を見るか?

YouTubeで電気自動車のディフェンダー動画を見たが、やはり全くエンジン音がしない。やはりプリウスのように静かなディフェンダーだった。それもどうかとは思うが、電気自動車化すれば故障しなさそうな気もする。将来的にもっとリーズナブルになったら電気自動車化するのもアリかもしれない。

Land Rover Defender Electric OFFROAD

What its like to drive a 1970s Land Rover | Juniper’s Electric Conversion #2

旧車、クラシックカーを電気自動車化して楽しむのも良さそうですね。

Land Rover Electric Defenderとのオランダのビッグファイブの検索について

Electric Defenderには、過去65年間にLand Roverブランドに関連付けられたすべての品質とパフォーマンスがあります。全地形対応、常設4WD、最高速度70mphを備えています。

ただし、最新の持続可能な技術をテストするために、ランドローバーによって社内で設計されています。車両のヒルディセントコントロールは回生ブレーキ機能にリンクされており、全体として、車の運動エネルギーの最大80%を回収できます。エデンプロジェクトでの下り坂の各旅行中に、最大30kWがバッテリーにフィードバックされます。ランドローバーの高く評価された地形応答システムは電気駆動に適合しており、さらに12.5マイルの予備で50マイルの範囲を提供します。

その結果、他に類を見ないテールパイプ排出ゼロの車両ができました。 8時間の低速オフロード使用が達成可能であり、高度なリチウムイオン電池が完全に充電されるのに10時間かかります。それを4分の1に減らす「高速充電」技術も可能です。

Staatsbosbeheer
https://www.staatsbosbeheer.nl